やっぱりフジが好き!~7/31(日) ③→8/1~

23時頃new order終了。15時まで寝てたせいか、マンチェのおじさん達にエネルギーを分けてもらったのか、とにかくますます元気が出てきた私はY&Tコンビを探して更に前方へ。
e0042733_1563316.jpg

↑今度こそ最後のオフィ写真。夜遊び@苗場を覚えたパレスオブワンダー。

PA前方、モッシュピット後方に2人を発見。3人で先程の素晴らしかったNOについて話していると、いつの間にかすぐ横にいたイギリス人Wも加わって、4人でフェスや好きなバンドについて拙い英語で話していた。こういうのもフェスならでは。ポケットに入れておいた非常食:チーズケーキをつまみながら、Wのウォッカを回し飲み。彼はグラストンベリーに毎年行ってるというツワモノだった。今回が初のフジ参加で、グラストよりnicerだと言ってくれて嬉しい。beautiful&peacefulだからだって。でしょ?
そんなこんなで、普段は長く感じる待ち時間もあっという間に過ぎていった。ウォッカでいい感じに体があったまったところで、scream team登場!ボビー相変わらず細っ。手足長っ。イネスは前情報通り、イメチェンしてた(笑。まるでnew york dollsのよな風貌。

primal screamのライブはいつもマニ前2列目あたりで圧死しそうになりながら観ているので、今回果たしていつもの興奮は味わえるのかと思っていたけど、むしろPA前センターってことで全体がすごく良く見えて新鮮だった。何しろすぐそばの巨大水溜りのお陰で踊るスペースが十分あるので、たまに後ろから押される程度で今までで一番ストレス無く見れた。飛び跳ねまくり、踊りまくりで楽しかったな~。結局途中で水溜りに入っちゃって靴がドロドロになったけど、そんなこと気にならないくらい。

1曲目、いきなり知らない曲・・・新曲だ!!全身を耳にして聴く。全編通して確か3曲程新曲やったと思う。気になる曲調だけど、過去の作品で強いて表現するなら、"skull X"+"medication"+"when the kingdom comes"って感じかなぁ(ゆきたさん、ともひろさん、どう?)。ギターを強調したロックンロールだったと記憶している。新作楽しみ♪
2曲目以降は"accelerator"→"miss lucifer"→"rise"という、Live in Japanと同じ流れだったと思う。正に「邪悪な熱」って感じの3連打。特にrise。この曲の不穏なイントロを聴くと、むやみやたらに気分が高揚してくる。"rise,rise!!"と拳を突き上げ一緒にシャウト。あーもう大好きだ、プライマル。普段はライブであまり歌ったりしないんだけど、プライマルだけは全曲(新曲除く)一緒に歌ってしまう。といっても歌詞をすべて覚えてる訳じゃないので、サビの部分だけだったりしますが。
この後はセットリスト覚えてない。以下、曲順不明で特に興奮した箇所。
"city"大好きな曲。"Ahhhh sick city!!"と叫ぶ叫ぶ。問答無用なカッコ良さ。
"kowalski"ライブで観るたび思うけど、CDとは別の曲になってるよね。音が塊となってぶつかってくるあの迫力といったら。
"kill all hippies","shoot speed/kill light"このへん聴いちゃうと、やっぱり"Xtrmntr"が一番好きなアルバムだと思う。"shoot speed/kill light"って、うるさいはずなのにそのうるささを感じない(意味不明ですね)。この曲では踊れなくなってしまう。ただ美しくて、この音に身を任せたくなってじっと聴いてしまう。でも拳は突き上げるという。
それにしてもボビーやっぱかっこいい。へろへろで、機嫌がいいのか悪いのか。熱いのか冷めてるのか。今回は今までで一番マニを見なかった(笑。年々ボビーばかりに目がいってしまう。
途中、Wが「ビール飲む?」と聞いてくる。ライブ後だと思って「うん」と言うと、なんと買いに行ってしまった!いや、トイレ行きたくなるから今はいい・・・と思いつつ、折角買ってきてくれたので飲みながら観ることに。ていうかW、ライブ観なくてよかったのか?
終盤、待ってましたの"swastika eyes"!あのイントロのサイレンみたいな音聞くと全身からアドレナリンが!"swastika eyes!!"のとこで皆の声と拳がぴったり合って興奮。
"higher than the sun"やってくれなかったのは残念だけど、"movin' on up"が染みた。まさに"my light shines on"な瞬間。
アンコールではなんとJマスキスが飛び入りで"skull X"を一緒に。ケヴィンとの並びがインパクト大。見た目もギターもデカかった。
終盤、ボビーが"no fun"と連呼。「え、まさかおもしろくないって言ってる?」と不安になるも、"no fun" という曲のカバーでした。浅学の私は誰の曲なのか分からず、隣のYさんに聞いたところ、「ストゥージズだよ~!」と。さすが☆
一度演り始めるもボビーダメ出し(笑。ギター軍団にマニを加えて横一列に並べ、場を仕切っております。細かい指示を出し、二度目はOK。
と思ったらこれがラストソングだったのでした。
もう1回アンコール期待したんだけど、電気がついて「来年も会いましょう」の文字。
もっともっと観たかったけど、すんごく楽しかったので満足。

プライマルが終わった時点で確か夜中の1:00を回っていた。まだフジは終わっちゃいない。
レッドへmyloを観に。最後の方だけ間に合ったけど、外でY子ちゃん達と話してたりして、結局ちゃんと聴いてなかった。
2:00~peter hook(from new order)のDJ。Yさん、Tさん、Wと再会し、PA前で踊る。フッキー何回すのかと思ってたら、意外に普通のハウスとか。しかし終盤惜しげもなくNOナンバーを繰り出して客大喜び(うちらも含む)。本日2度目のblue monday。bizarre~もやったかな。
3:00~DJ takayuki serino確かこの時、Wが前方で踊っていたオーストラリア人女性、Sを紹介してくれて、皆で写真撮ったりしながら踊っていた。フッキーの時からWのビール攻撃が続き、もう何杯目だか分からない。ふと「イギリスではパブに行った時、交代で人数分のビールを奢り合う」という習慣を思い出し、今度は自分で買いに行くことに。
さすがにこのあたりで疲れてきて、3:30頃だったか、途中3人で抜けることに。Wはべろべろに酔っ払いながらまだ踊っていた。タフだなぁ。
ゲートを抜けて、連日夜遊びしたパレスオブワンダーに着いたのは4時頃だったか。
ホテルへ戻るのも名残惜しくて、しばし3人で座って話す。次第に空が明るくなってくる。
ふと気配を感じると、フラフラとW再登場。酔い過ぎて足にきたらしい。再度連絡先を交換し、再会の約束をして別れる。まだ残るというTさんを残し、Yさんと2人、krafty日本語版を歌いながらホテルへ戻る。酔っ払い女2人は、毒虫にやられて部屋で寝ていたMを起こし、いかにプライマルが良かったか語ったのでした(すまん、M・・・)。
最後の夜は結局1時間しか寝れなかった。
帰りの車の中で、昨年同様勝手に表彰式。各人ベストアクト1位~3位に加えて、新人賞、残念賞、更にはベストフード賞まで、ありとあらゆる賞を設けて発表し合う。これがまた楽しいのです。基本的に観てるものバラバラなので昨年も被らなかったのだけど、なんと今年は1位が4人ともnew orderで一致!パチパチ。

今年のフジも楽しかったな~来年は誰が来るのか、どんな出会いがあるのか、今から楽しみ♪また来年苗場で会いましょう!
長ーいフジ回想録、ここまで読んでくれてありがとう☆
[PR]
by akiscream | 2005-09-22 03:44 | フェス
<< 9/22(木) Polaris... やっぱりフジが好き!~7/31... >>