10/14(金) COOL DRIVE @渋谷AX

約1年半ぶりの彼らのライブは、活動休止前のラストライブ。
e0042733_3495146.jpgcool drive makers時代(オフィシャルより)

<br clear=all>

COOL DRIVEになってから(小さくてすいません。オフィシャルより)
e0042733_3504847.jpg



開演10分前に駆け込み、真ん中のバーを陣取ってくれていたhegi子、Aさんと合流(2人ともありがとう!)。ベースのヤマ側。
今回はセットリストを覚えていようと、珍しくかなり頑張った。やっぱりしばらく観れないと思うと・・・

smoky life
マグロでrock a go go!
空よりも高く飛べたら
流星キセキ
sunny sweet
33
うそつきのうた
冬の魔法
new day
ネモさんによるウクレレMCの後
風向きはいつだって変わる
drive home
スーツケース
涙の誓い
スパイのハリー
soul my kitchen
時計の針が左にまわったら
グロッキールーム
瞳に咲く情熱の花
ともだち
<アンコール>
容疑者(インスト)
maybe I cry
call my name
cool train
<メンバー紹介>
アモレゴ
笑えばよかった

↑中盤は自信なし。でも大体合ってるんじゃないかな(hegi子、間違ってたら教えて)。

ネモさんの「ガンガンいくよ!」というMC通り、序盤から飛ばして新旧織り交ぜたセットリストで全部終わったら3時間が経っていた。でも長く感じなかったな。あっという間。
久々にmakers時代の曲がいっぱい聴けて嬉しかったファンは、私を含めて多かったはず。
その証拠に1曲目smoky lifeから盛り上がっていた。私も、この選曲には思わずガッツポーズ。
個人的には、まさにタイトル通りな雰囲気のsunny sweetやジャジーな33スパイのハリーといった、アルバムの中でキラリと光る、かわいらしい名曲達が聴けてとても嬉しかった。
大ちゃんとネモさんが「出会った切欠」という涙の誓いも、しばらく聴いてなかったけど名曲。こんな曲作られたら一緒にバンド組みたくなるよなぁ。
大好きな空よりも高く飛べたらsoul my kitchenといったテンポの速い曲では、正直もたつきが目立った。というかわざとテンポを遅くしてやってるみたいだった。空よりも~ではサビも低めのキーで歌っていてちょっとがっかり。せっかくの疾走感あるアグレッシヴな曲だというのに不完全燃焼。
逆に冬の魔法はしっくりきていた。スロウで優しい曲。最新シングルなのだから当たり前といえばそうだけど、今の彼らのモードが否応なしに伺える。

もちろんCOOL DRIVEになってからの彼らも好きだ。特に歌詞は深みを増したと思う。でも精一杯カッコつけてたcool drive makers時代のハイテンションなライブはもっと好きだった。ホーンやパーカッションのサポートと共に繰り広げられるジャジーでファンキーでブルージーで、「踊ってナンボ」な彼らのライブはとても楽しかった。
シンプルな曲が増したCOOL DRIVEになってからの彼らは、ライブでmakers時代の曲を滅多にやってくれなかった。彼らのやりたいこと、表現したいことは年齢とともに変わっていったのだろう。バンドにはよくある話だし、何があったのか知る由もないけれど、表現者として自分達のやりたいことをやっていこうとする彼らは誠実だと思う。ネモさんがサングラスを取ったのも、カッコつけるのやめて等身大の自分を見せようと思ったからじゃないかな。
そしてサウンドの指向は変わっても、歌詞は以前から鋭かった。
今回やってくれなかったけど『ペテラポカ』でデビューした紙コップさんは使い捨ての新人バンドについて歌う音楽業界の風刺曲だし、空よりも~の出だし、「止まらない空想はぜんぶ理想になるばかり だれもが願う きれいなマイノリティー はみだし者でもしょうがないなんて 何処へ行く? 何がほしいの?」ってとことか特に好き。

途中、「遊び」のセッションや大ちゃんによる韓国語MCなどもあり。いつもいっぱいいっぱいで笑いを誘う大ちゃんのMCもしばらく見れなくなるかと思うと寂しいな。
グロッキールームでのアドリブ、「これから俺が何しようが 関係ないぜ!」って歌詞でちょっと突き放されたような気持ちになりながらも、「俺ら友達」とネモさんが言って始まった、本編ラストのともだちでは思わず涙が。あぁやっぱり泣いちまった。
としんみりしてたらアンコールではなんと昔の仲間、トランペットとサックスの2人(fr. Pe'z)とパーカッションの女性登場。ネモさんも久々にサングラスをかけている。
ここからのmakers時代4連打はヤバかった!会場大盛り上がり。やっぱり皆、これを待ってたんだね。私も思わずバーより前へ移動。楽しかった~!
確かここでようやくメンバー紹介。ネモさんが1人1人についてエピソードを語る。普段MC一切無いドラムのユーシも普通に話していて新鮮だった。札幌で置き去りにされた話、ウケたな。パンクをルーツに持つヤマッコはライブ中ズボンがずり落ちパンツ丸見えに。岐阜出身大ちゃんのお父さんはドラゴンズの応援団長。
ふとネモさんが客席に「今日遠くから来た人いますか?」と呼びかける。「広島」「長崎」などの地名が挙がるが、一番遠かったのは2階席にいた女性で、なんとロンドンから。すごっ。その方にネモさんが自分のギター(フェンダーのムスタング)を贈呈。「次やる時まで預かってて」という台詞にちょっとホッとする。
そんなやり取りの後、デビュー曲のアモレゴ。この曲はCOOL DRIVEになってからもやってたな。やっぱり本人達にとっても思い入れある曲なんだろな。
ラストは笑えばよかった
ユーシ曰く、今回のライブの裏テーマは「絶対泣かないこと」だったらしいが、最後ステージを去る時、リーダーの大ちゃんが「ほんとにありがとう」と泣きながら言っていた。そこで私の涙腺はまたも決壊。絶対大ちゃん泣くと思った・・・。
4人が去っても拍手が鳴り止まない。しばらくして、「やれる曲ないけど挨拶だけ」と出てきてくれた。最後は4人で手をつないで何度もお辞儀。

寂しいけど仕方ない。いいライブ演ってくれた彼らにこちらからも「ありがとう」と言いたい。
7年間で届けてくれた珠玉の作品を聴きながら、「あくまで解散ではなく、前向きな休止」という言葉を信じて復活を待ちたい。
e0042733_537530.jpg←ロンドンからいらした女性がゲットしたネモさんのギター。太っ腹な方で、会場出口付近にしばらく置いといて下さって、ファンは触りまくっていた。ありがとうございましたー!

<br clear=all>

→ステッカーべたべた貼ってある裏面。mando diaoが意外だった。e0042733_5365773.jpg
[PR]
by akiscream | 2005-10-16 03:16 | ライブ(邦)
<< 10/16(日) BANDST... 10/9(日) Her spa... >>