11/16(水) Jamiroquai @日本武道館

記憶が合ってるなら4度目のJamiroquai。武道館で観るのは3度目。今回初めて1階のアリーナが取れて、てっきりスタンディングで整理番号順入場だと思って開場に間に合うよう急いで行ったら、イス席だった…ガクッ。でも結構近くて満足!ステージ向かって右手(武道館のライブって何故かいつもこっち側になる)。

客層はわりと高めで、20代後半~30代が多い感じ。男女比は6:4or7:3で女性多し。SEでハウスがかかる中、ジャミ仲間Kとしゃべりながらスタートを待つ。場内はなんだか異常に携帯カメラチェックが厳しく、前方で無人のステージに携帯を向けるだけでスーツ姿の係員が飛んできて注意してる(なぜそこまで)。
e0042733_228870.jpgうちらの1列前がほとんど空席のまま、ブルース・リーのテーマソング(笑)でメンバーが徐々に出てくる。そのうち聴き覚えのあるイントロへ。Jay Kay登場。黒い水晶みたいのがついた帽子+服も上下黒。相変わらずスリム!そのままCANNED HEATが始まる。
とにかく今までで一番近かったし、前列が無人なのでステージがよく見えて大興奮!
セットリストはウドーのHPに載ってた9月のマンチェ公演とほとんど同じで、多分こんな感じだったと思う。

CANNED HEAT
SPACE COWBOY
COSMIC GIRL
REVOLUTION
LITTLE L
SEVEN DAYS IN SUNNY JUNE
HIGH TIMES
USE THE FORCE
BLACK CAPRICORN DAY
DYNAMITE
BLACK DEVIL CAR
LOVE FOOLOSOPHY
TIME WON’T WAIT
GIVE HATE A CHANCE
YOU GIVE ME SOMETHING
ALRIGHT
<アンコール>
DEEPER UNDERGROUND

旧作からも出し惜しみなく、まんべんなくやってくれてます。マンチェではvirtual insanityの名前があったので期待してたんだけど、これは無かったな~残念★Love Blindもやらなかったと思う。その代わりHigh TimesYou give me somethingが加わってました。どちらも好きな曲なので嬉しい!

序盤よくPAに指示を出してて、2度程直接言いに行ってたけど、聴いてるこちらは特に気になるような異変は感じなかった。
続いて始まる曲以外はほとんどJayが曲名アナウンスしてから歌い始める。過去のヒット曲群も盛り上がってたけど、新作のDYNAMITEGIVE HATE A CHANCE もかなり盛り上がってた!とは言っても全体的には思ったより大人しいお客さんが多かったかな。イスが邪魔であんまり動けなかったのかしらん。
かく言う私もまだ体調が万全でなかったんだけど、始まったらそんなこと言ってられない!ライブが進むにつれてどんどん自然に体が動いてた。
ただ、確か4曲目REVOLUTION の時だったと思うけど、無人だった前列にまるでコントのように長身外国人軍団がぞろぞろと現れ、ものの見事に視界が狭まりました・・・仕方ないけどね(泣)。
おまけに私の前の金髪女性(モデルさん?めちゃくちゃ背高い)はずっと隣の彼氏と喋ったり絡み合ったりしており、かなり気が散りました。だって視界に入ってくるんだもん。
ま、幸い外国人と外国人の隙間からなんとかステージは見えたので良かった。ライブ中は背高くなりたいと毎回思います。。

気を取り直してJamiroquaiに関して言うと、↑を見てもらえば分かるように、アッパーでダンサブルな曲ばかりやってくれました。今まで観た中で一番踊れる内容だったんじゃないかな。
でもただノリノリなだけじゃなくて、アレンジがジャジー&長めで「聴かせる」感じにもなっていて、どの曲もCDとはまた違った印象。ALRIGHTでさえ踊れる感じになってたけど、この曲は中盤で聴かせてくれたしっとりめの感じで全編通してJayのボーカルを堪能したかった気がするな(わがままなファンの戯言です)。
あと今回はライティングが凝っててきれいだったな。ライブというよりショウって感じ。
そしてなんと言っても未見の方に是非生で観ていただきたいのがJayのダンス&ジャンプ!
かっこえーー!!あんな風に踊れたら楽しいだろうなーと毎回羨ましくなる見事な動き。帰りにKとも言ってたけど、あれだけ動いて息が切れずに歌えるのはスゴイ。
昔と比べたら数こそ減っただろうけど、今回もステージ中央の斜面使って何度か高くジャンプしてた。いやー見る度に惚れ惚れ☆
Jayはステージを左右によく動いてて、こちら側に来ると10mくらいの距離で顔もよく見えた。
REVOLUTIONの曲紹介だったと思うけど、「1stアルバムからの曲。俺がまだ若かった頃。young boyだった頃。」とか言ってて、そーいやJamiroquaiもデビューしてからもう10年以上経ってるんだなーとしみじみ(私がファンになったのは6年くらい前だけど)。

確かYOU GIVE ME SOMETHINGの途中でメンバー紹介。Jayの他はベース、ギター、キーボード、パーカッション、ドラム、女性コーラス3人。皆さん手堅い演奏を聴かせてくれました。最近のデジタルな曲まで生楽器で再現するんだから実力の程が窺える。女性コーラスもとても存在感あって、時にはJayのボーカルより大きく聴こえたくらい。
私よりもファン歴長いKが言ってたのだけど、初期はもっとJamiroquaiっていうバンドっぽさがあったけど、今は「Jayと仲間達」って感じだね、と。確かにそうかも。私は初期のライブって映像で観たことしかないけど、今の方がJayのフロントマンっぷりが板についてる。今日のライブも曲終わる際の身のこなしなんか指揮者っぽく感じたくらいだし。
アンコールのMCでJayが、「この国のプリンセスがめでたい時に来れて良かった」みたいなことを言ってて、あー清子さんのこと言ってるんだな、と。
ラストは映画「ゴジラ」提供曲だけあって音も半端ない迫力で、イントロの重低音がこちらの耳だけでなく全身を震わせてくる。
終わってみたらちょうど2時間。ラスト曲でしばらく耳が変になってたのは私だけじゃないはず。

そういえば、ライブ中、曲と曲の間に犬の吼え声のような歓声をあげてるお客さんがこちら側にいて、Jayも何度か興味ありげに見ていた。「ドギーマン」って呼んでたな。ステージ去る時もその客がいる方に向かって笑いながら手で犬の形作ってた(かわいい)。

最初から最後まで楽しいライブだった!どの曲も良かったけど、個人的にはSPACE COWBOY ,HIGH TIMES,GIVE HATE A CHANCE ,YOU GIVE ME SOMETHINGあたりが特に良かった!
しかしできれば小さいクラブでも観てみたいもの。一度は距離の近いところでJayのシルキーボイスを堪能してみたいなぁ。

帰りにKと行ったビストロ、ムール貝がめちゃくちゃ美味かった☆
[PR]
by akiscream | 2005-11-17 03:43 | ライブ(洋)
<< 行きたいライブあれこれ 11/14(月) Hard-F... >>