Brothers GrimMEW

e0042733_19525446.jpg11/28(月)、渋谷o-eastでデンマークのバンド、Mewを観てきました。
彼らを観るのは今回で3度目。神秘的なSEがかかる中、ステージ向かって右後方でバーにもたれながら待つ。客は7:3で女子多し。ほぼ定刻通りに客電が落ちてメンバー登場。サマソニで観た時びっくりしたけど、やはり全員ロン毛のままだ…ヨーナスは相変わらず猫背(笑)。

今年出たニューアルバムの1曲目CIRCUITRY OF THE WOLFからスタート。サウンドの変化に伴ってか、2年前より音に重みが増した印象。1stは全体的に浮遊感あるイメージだったけど、2ndはもっとバキバキしてるというか、リズムもプログレっぽくてハードになった。そしてバックのスクリーンに映る映像の怖さ&グロさもアップしてる。初っ端から人面カブ(すごい形相・・・)みたいのがいっぱい漂ってるよ~これがGLASS HANDED KITESなのか?
確か3曲目で早くもAM I WRY? NO156の前作大ヒットシングルを惜しみなく連発。一気に客のボルテージも上がる。AM I~はほんとにバックの映像(あのスターツアーズのワープする時みたいな箇所が特に)とマッチしてるなーと観るたび思う。Mewの曲が、音と映像で1セットって言われるの分かるよ。156はCDより壮大なアレンジ。どっちもポップで美しくていい曲だ~。
確かこの後ヨーナスが"I NEED YOURE HELP"って言って、新作の日本盤にボーナストラックで収録されてる、SHIROI KUCHIBIRUNO IZANAI(WHITE LIPS KISSEDの日本語バージョン)を披露。ひゃーまさかライブでもやってくれるとは思ってなくてびっくり!けど皆歌ってなかったね…聴き入っちゃってたってのもあるんだろうけど。。私も歌詞覚えてなくて…ごめんよヨーナス(泣)。フジん時のNew Orderみたく歌詞をスクリーンに写せば大合唱だったかも(でもMewには合わない気がする)。ヨーナスはカンペ見ながらもかなり上手く日本語で歌ってたんだけど、途中から照明の関係で見えづらくなったようで、しゃがんで歌ってた(笑)。終わった後本人は「もうちょっと…」とちと不完全燃焼気味?だったけど、ギター君が「今夜初めてやったんだよ」とすかさずフォロー。いや、十分上手かったよ!バーニーと違ってちゃんと日本語だって分かるし(笑)すごいよヨーナス!パチパチ。それに何語であろうとあの特にキーが高い部分…よくあんな声出るなーと感嘆しちゃう。
あと、SHE CAME HOME FOR CHRISTMASもやってくれて、ほっこりしながら聴いていた。これもバックの映像が凝ってる。終盤の高音度増してくボーカルがまた至福(嘆息)。

映像だけじゃなく、ライトも曲によってはリズムに合わせて点滅したり。ただ、私のいた場所が悪かったのか、光がモロに目に入り、曲によってはまぶしくて目開けてられなかった。
前回の単独時もそうだったけど、ヨーナスと同じくらい終始右側のギター君ばかり見ていたな。体揺らして時には飛び跳ねながら弾いてて一番ロックな動きしてるんだよね(できれば短髪に戻して欲しい・・・)。
かなり前方のエリアを除いて客は全体的に大人しめだったけど、特にキーボード(曲によってはギターも弾く)の人が所々で客を煽っていい感じに盛り上げていた。
MCも、ギター君「日本に来るの3回目だけどいつも最高、特に東京は、本当に。来てくれてありがとう」などと嬉しいこと言ってくれる。ヨーナスは曲が終わると「アリガトウゴザイマス」と流暢に言ってみせて拍手もひときわ大きい。

新譜で一番好きな曲:THE ZOOKEEPER'S BOYが一際良かったな~。ヨーナスのハイトーンボイスに鳥肌。聖歌隊みたい。終盤、ドラマー以外全員バックコーラスやってたけどほんと見事なもんだった。"MY LADY,ARE YOU?"の美し過ぎるコーラス部分、一緒に歌いたい気持ちとヨーナスの声を静かに聴き入りたい気持ちで葛藤しつつ、結局うっとり聴いてたー。

終盤、MCでダイナソーJr.のJ・マスキスのこと言ってて(ヨーナス「今年の夏フジロック出たんだよね?観た人いる?」(ほとんど手挙がらず・・・)ヨ「良かった?」客"(小さく)Yeah!"ヨ"I HOPE SO"と)、WHY ARE YOU LOOKING GRAVE?が始まる。するとスクリーンにデデーンとJが大映しになり、大笑い。リズムに合わせてうなずいてるように見える。この時は「なぜJ?」と思ってたんだけど、この曲にゲストボーカルで参加してるんだね(家に帰って新譜の解説読んで知った)。あの声はJだったのか~。ヨーナスとJがデュエットしてる光景ってすごいな(笑)。それにしてもこの曲のサビのヨーナスの歌声は美しい~。

他にも新作からはCHINABERRY TREE,APOCALYPSO,SPECIALなどやってた。THE SEETHING RAIN WEEPS FOR YOUもやってたかな?
1STからはSNOW BRIGADE,SHE SPIDERもやっていた。EIGHT FLEW OVER,ONE WAS DESTROYEDも聴いたような気が。
SHE SPIDERはアンコールでやったんだっけ?とにかくライブ終盤だったと思うけど、静→動への変化がスリリングで、ライブ向きの曲だ。ヨーナスのボーカルも一際力強い。
KING CHRISTIANはまたやらなかったな~残念★この曲生で聴いてみたい!

確か本編ラストはLOUISE LOUISA。SPECIALでもかなりドラムカッコ良かったけど、この曲でも鼓笛隊のようなリズムが印象的。途中メンバーがギターから順に1人ずつ去っていく。こういうシンプルな曲だとヨーナスの高音ボイスがほんと映える。

アンコールではまた曲中徐々にメンバーが消えていき、ギター君だけになったところでラスト、COMFORTING SOUNDSスタート。
本編ラストの時もだけど、客が皆微動だにせずただただ突っ立って聴いてる様は圧巻。サマソニでも確かこの曲がラストだったな。ひたすら壮大で心地良いサウンドにずーっと浸かっていたくなった。特にヨーナスの高音が入ってからは悪魔的に気持ちよくて、ただ音に身を委ねるのみ。魂もっていかれる。

アンコール含めて1時間15分くらい。もっと聴きたかった!
ライブ中感じてたんだけど、つくづくこんなバンド他にないよなぁ。プログレ+ウィーン少年合唱団というか。APOCALYPSOやSNOW BRIGADEとか特にそうなんだけど、バックはハードなのにヨーナスのボーカルが繊細だからマッチョになってなくて。なんともユニーク。
聴きながら、先日観た映画「ブラザーズグリム」の魔女が棲む森を思い出してしまった。キレイなんだけど怖くて、神秘的で。複雑に入り組んでて、帰り道が分からなくなる感じ。
うーん12/4の追加公演にも行きたくなってしまった・・・(@UNITだし)。でもSold Outなのです。しゅーん。
[PR]
by akiscream | 2005-11-30 03:24 | ライブ(洋)
<< 12/3(土) 森 広隆 @下... 11/23(水) Arctic... >>