Go Junior! Go Senior!

e0042733_0131678.jpgUPするの遅くなってしまいましたが、12/7(水)渋谷o-eastへ、デンマークからやって来たJunior Seniorのライブを観に行ってきました。
前回の単独は迷った末仕事で行けず、その後サマソニで観た友達が絶賛してるのを聞いて、「次は絶対行きたい~」と思ってたのです。という訳で観るの初。
今年出た新作も彼ら流のヒップホップ有り、より70'sなサウンド有りと、前作より幅広いサウンドながらメロディーに更に磨きがかかった、キラーチューンの数々。
仕事が終わらず、前座のRAM RIDERのラストソング中に滑り込み。初めて聴いたけど、ダフトパンクっぽいポップなサウンドに会場も盛り上がっていた。セットチェンジ中、先に来ていたMと合流。
ステージ向かってかなり右寄りの後方でスタートを待っていると、ステージ脇にジュニア発見。軽快なSEに合わせて体を揺らしている。客に気付くとニコニコと手を振ってくれて、うーんなんとも気さく☆

さて、あのゴキゲンなハッピーチューンズをライブでどうやって再現するのかと思っていたら、ジュニアとシニア+女性コーラス2人、ギターにドラム(ピーターだっけ?紹介以降やたら彼の名を呼ぶ男の子がいて笑えた)、黒髪の女の子ベース(フィンランド人。クールでかわいかった)の総勢7名で全て生楽器で演奏してた!

1曲目は確かGO JUNIOR,GO SENIORでスタート!バンドメンバーが徐々に登場してきて、シニアが最後に出てくると一際歓声があがる。
この日も腰の調子が良くなかったので後方で大人しく観るつもりだったのに、彼らが出てきた瞬間、皆すごい勢いで前方へダッシュしていって、私の前方にはぽっかりスペースが・・・もうこうなったら行くしかないでしょ!ってことで、結局1曲目から前方へ移動(笑)。
"Do the kids dig what we do-yeah,yeah yeah!!"のところで、皆拳を突き上げ一緒に歌っているのにびっくり☆女の子も男の子も踊りまくり。皆すっごく彼らのことが大好きだというのが伝わってくる。大人しく観るつもりだった私も、ついつい体が動く。
RHYTHEM BANDITSは確か2曲目だっけ?とにかく序盤にやったんだけど、これがまた大盛り上がり!"watch out we are rhythm bandits-wouw!!! Ba-ba-ba-ba-ba-ba-ba-bandits-Rhythm~♪"のとこ、皆歌ってたー!もちろん私も一緒に歌いましたよー。いやー楽しい~!!
頭からっぽの状態でひたすら楽しんだため、セットリストは無理っす。

特にどっちのファンて訳でもなかったのでどこで観ても良かったんだけど、右側はシニア側だったのですね(知らなかった)。そのため常に私の周りでは「シニアー!!」コールが飛び交ってました。
彼、以前はもっと腹が出ていたイメージあったんだけど、ちょっと痩せたのかな?もう、常にニコニコ。ジャケットの下はボーダーTでお洒落!おっさんみたいに見えるのに常にステップ刻んでて、しかも身のこなしも足どりもすごく軽い。一体幾つなんだこの人(笑)。歌ってない時も何か楽器を鳴らしてたりして、ジュニアより断然動いてたと思います。
アンコールではステージ降りてきてくれたし。客を煽るのがとっても上手い!

前の人の頭でジュニアはあまり見えなかったんだけど、70年代の若者が着てるようなシャツ着てた。少年みたいで華奢でかわいかったな。
ボーカルも多彩で、どうしてもグルーヴィーな曲でのハイトーンボイスの印象が強かったけど、ロックな曲にもとてもハマってたし、コーラスの黒人女性と1つのマイクで歌ったのも息が合っててとても良かった。
MCも多めで終始和やかなムード。「アリガトウ」「ジュニアシニアデス」などと日本語を披露したかと思うと、「タック。ありがとうって意味ね」「スコール!カンパ~イ」とデンマーク語教室も。

皆待ってたMOVE YOUR FEETは確かラストから2曲目だったかな。間違いなくこの日のハイライト!始まった途端、人が更に前に押し寄せて、それまでも割と密集して踊ってたのに、まだこんな余裕あったんだ、っていうスペースが目の前に。すっごく盛り上がってた!私もこの時ばかりは足腰の痛みも忘れて、跳びはねまくり。いやー最高!!気持ち良かった~!
1STからは他に終盤SHAKE YOURE COCONUTSも披露していた。後は多分
CHICKS AND DICKSBOY MEETS GIRLもやってたと思う。
アンコールのラストが確かDYNAMITE
2NDからは、HIP HOP A LULACAN I GET GET GETは覚えてる。
女性コーラスが大活躍してる曲多し。特にTAKE MY TIMEではソウルフルで見事な歌声を披露していた。確かこの曲でジュニアと黒人女性が同じマイクで歌ってて、凄く迫力あるボーカルだったなぁ。
コーラス隊、WE'RE THE HANDCLAPSでも伸びのある美声を披露していた。ここでも1本のマイクで歌っていたかな?この曲自体、シニアの煽りもあり、初っ端から皆で手拍子して盛り上がってた!サビの美しさにグッときながらも、とにかく体の動きを止めることができない。MOVE YOUR FEETと同じくらい、自分にとってハイライトとなった曲。
NO NO NO'Sではジュニアっていい声してんなーと聴き入ってしまった。こういうビートルズっぽい曲もすごく合う。
で、I LIKE MUSICが確か本編ラスト。
2ndからは他にITCH U CAN'T SKRATCH,UR A GIRL,HAPPY RAPもやったかな。

何が良かったって、ジュニアシニアの面々ももちろんだけど、とにかくお客さんが良かった!
1曲目から大盛り上がりで一緒に歌ってるし。彼らのことが大好きっていうのがすごく伝わってきて、皆のノリの良さにつられて、腰痛持ちの自分もあれよあれよという間に前に行って踊っちゃったよ。
やっぱり、どんなにいいアクトでも一方通行じゃこんなに楽しいライブにはならないよね。いいライブが成立するには客のリアクションもかなり大きな役割を果たしてるんだなーってことを改めて実感した夜でした。

跳ねて踊って歌って、汗びっしょりになったー。たとえライブの間だけでも腰の痛みをここまでコロッと忘れさせてくれるライブには中々お目にかかれない。ま、その分帰り道、さっそく足元ふらついたけどね(笑)。

いろいろ書いてもとにかく「楽しかった」って一言に尽きる!すごくHAPPYな気分にさせてもらった。ライブ中ずっと顔がニコニコしっぱなしというライブ、他にあるかな?(例えばすごーく好きなバンドのライブでも、おしくらまんじゅう状態が酷いと、顔がこわばる瞬間もあるから。)

そうそう、ライブ終了時、ジュニアとシニアがデジカメで客を撮影してたんだけど、ジュニアのデジカメが私のと一緒で嬉しかった☆そんな至近距離で見た訳じゃないけど、あの色・形はコイツ(イエローのやつ)のはず。

"SEE U NEXT YEAR!"と言ってたから、来年のサマソニで再会できるのを期待!
[PR]
by akiscream | 2005-12-12 01:58 | ライブ(洋)
<< Arctic Monkeysの... 12/6(火) The Cor... >>