嗚呼マンチェスター

1週間更新サボってしまいました~。
秋から続いたライブラッシュが今月頭で一段落して気が抜けたのと、毎週末休日出勤だったりで、なんだかバタバタしていました。
なーんて言い訳は措いといて、ライブネタは無いので(Paddintonsも昨夜のストロークスフィルムギグにも結局行けなかった・・・)、最近barksで気になった記事を2つご紹介。

①「ザ・スミス、メンバー2人がステージで共演
この見出しを見た時、ドキッとしつつも「絶対モリッシーとマーじゃないな・・・。ルークとジョイスかな」なんて思ってたら、マーとルークでした。
この2人、スミス結成前から学校が同じで友達だったんですよね。スミスの前にも一緒にバンドやってたし。それがスミスの成功→解散で疎遠に。90年代後半には契約を巡ってジョイスとルークの2人がモリッシーとマー相手に裁判を起こすという事態に。
その当時(か直後)のインタビューで、マーは「モリッシーと疎遠になったことより、昔からの友達だったアンディー(・ルーク)と話もできなくなったことの方が辛い」と話していたのを覚えています。
そうか、モリッシーとだけじゃなく、ルークとも仲直りしてたのね、マー。なんか嬉しい。
こちらを読んでもらえれば分かるように、このアンディー・ルークが主催で、マンチェスターのアーティスト参加のチャリティーイベントが行われるとのことです。そのステージで↑の旧友2人が久々に共演するんだって。
ところでこのイベント、「さすがマンチェ」と降伏したくなる豪華参加アーティストの面々。まぁリンク先に書いてありますが、列挙すると、new orderbadly drawn boydoves、加えてやっぱり登場、mani!!う~行きたい!
e0042733_233363.jpg(←右端がルークです、念のため。最近の写真見ましたが、流石にもうリーゼントじゃなくて普通になってた。)
ちなみに彼は一時badly drawn boyのツアーでベース弾いてたみたいで、「もしかしたら数年前の来日の時もいたのか?!」と後で知ってかなり興奮した覚えが。当時はまだスミス聴いたことなかったので、ルークがいたとしても全然気付かなかったよ。。。

それと、結構前にsnoozer誌で読みましたが、フッキー(new order)とマニとこのルークの3人で"free bass"(not "three bass")というベース3人のバンドを作ったとか。
この時のフッキーのインタビューがかなりウケたのですが(「俺達皆シンガーに酷い目に遭わされてるから、若いボーカルを入れていたぶってやるんだ/笑」なーんて言ってましたよ)、冗談だと思ったら最近barks等でもまた話題になってましたね。本当なのか??

②「N・オーダー、カーティスの伝記映画のサントラをこちら
これって、結構前から話題になってた、デボラ夫人著の暴露本を元にした映画ですかね?
監督が確かアントン・コービンで、一時イアン役にジュード・ロウが候補に挙がってたという・・・まだ役者決まってなかったのか。
個人的にジュード・ロウは(好きだけど)イアンのイメージには合わないと思ってたので、一安心。24HPPで演じた役者さんはハマっていたなぁ。あの方にまたやってもらいたい。
それにしても、残りのメンバーがまだ第一線で活躍してる現時点で伝記映画が作られるなんて、イアンのカリスマ性というか伝説性?は凄いんだな、やっぱり。本物を生で観てみたかったなぁ。。。
映画もサントラも楽しみ。早くクランクインしてほしい。

以上、ライブネタが無いのでマンチェスターに想いを馳せてみました~。
[PR]
by akiscream | 2005-12-22 02:10 | その他
<< 嗚呼グラスゴー Arctic Monkeysの... >>