3/11 森広隆"mellow tones vol.10"@440

木曜からライブ続きでさすがに疲れ気味ですが、気付いたらもう4月!平成18年度が始まってしまいました。
モタモタしてるといつになっても古いライブの感想が書けないので、今更ですが3月に行ったこのライブから。

******************************
e0042733_2371992.jpg最後尾に限りなく近い後方に着席して3人で喋っていると、ほぼ定時に森君登場。
目の前に体格のいい男性が座ったこともあり、どう体を動かしても全く姿が見えず(泣)。諦めて左斜め前のモニターを見るか目を瞑って聴いていた。
何気にこの人のライブは男の人も多い。それもバンドやってる人が多い感じ(聞こえてくる感想もそうだし、前回隣だった方も然り)。


まずは1人で黒い実をアコギで披露。大好きなこの曲から始まって嬉しくなる。
終わったところで、恒例の「乾杯~」。森君は前回同様泡盛「残波」を飲んでいた。
この後音源化されていない曲が2曲続く。前者が遠距離恋愛を思わせる歌詞、後者は南国風な心和む感じのナンバー。どちらも好きなテイストだったので、新しいアルバムに入れてくれるといいな。
確かこのあたりでMC。病院の話やラウル・ミドンという盲目のアーティストに感銘を受けた話(トランペットの音を口で再現しようとする森君・・・オナラに聞こえた、ごめん)、矢切の渡しのエンジン盗難(て書いてもその場にいなかった人には何のことやらですね・・・)など、相変わらず大いに笑わせてくれます。最近やらないけどタケシの物真似も上手いんだよね(笑)。

その後、新曲を2曲披露。前者はJack Johnson+Jamiroquai"Virtual Insanity"な感じ。ギターの音はメロウなんだけど、未来っぽいというか。いいね。
後者は蜃気楼の街というスロウな曲。
確か次のLoverからサポートギターの大里さんが登場。Loverすごく良かった!この日の前半のハイライトでしょう。森君の声に聴き惚れた。
続く共生では大里さんがスライドギターで伴奏。これがまたブルージーで渋くて、歌詞もだけど「男!」な世界でした。ライブで聴けたの久々かも。

休憩挟んで第2部がそろそろ始まるかな~と思っていると、あれ、なんか見覚えある人が。なんとベースの紺野さん&ドラムで中村さん(前パーカスやってた人)登場!!一気に取り乱す自分。まさかこのアコースティックシリーズ(イス席だしね)でバンドスタイル観れるとは思ってなかったし、リズム隊と一緒のライブを待ち望んでいたから、本当にサプライズで嬉しい!
特に紺野さんはベースの腕前と同じ位見た目にも惚れているので。ええ、ミーハーですけど何か?(もう開き直り)

FUZZ MASTERエレンディラの流れはズルイ。あーもーイスが邪魔!!このグルーヴで座ってなきゃいけないなんて拷問だ…体の揺れを止められない。
その後の英雄の誕生は少し前にできた新曲だそう。今までアコースティックでしかやってなかった曲。バンドバージョンだとやはり大分雰囲気が変わる。
続く悪魔の提言は、「やっぱこうでなくちゃ!」って心の中で大きく頷きながら観ていた。だって本当に待ってたんだよ、ベースとドラムと一緒にやる森君を。

この後は記憶が曖昧です。
森君の「座ってていいの?」という挑発的なセリフの後、皆やっと立ち上がれてホッ。
ショートケーキ退屈病ただ時が経っただけでの怒涛の3連続も文句なしにカッコイー!!ファンク万歳☆やっぱりバンドサウンドで聴くべき曲達。
お客さんも思い思いに体を揺らして盛り上がっていた。
アンコールではインストナンバーの後、ゼロ地点でフィニッシュ。

森君のライブは何度も観てるけど、今回は今までで一番声が出てたんじゃないかな。ボーカルに迫力あった!ファルセットから低音まですごくよく出てて、何度もゾクッとさせられた。前半は座りだったし、客が密集してるせいか段々暑くなってきて途中何度かボーッとしちゃったんだけど、その度森君のボーカルに意識を掬い上げられた。
後半、ギターの弦が切れてライブ中に張り替えている(笑)と、紺野さんがベースで"HAPPY BIRTHDAY~"と奏で始める。30歳おめでとー!
とにかく久しぶりにリズム隊と一緒にやる森君が観れてとても嬉しかった。
後半の3ピースでのライブは、私を含めて「待ってたよ!」というファン多かったでしょう。
いやー楽しかった!やっぱ森君真骨頂のファンクネスはバンドじゃないと味わえないよなー。特に紺野さんの小気味よいステップのようなベース、痺れた!
来月は待望のバンドでのワンマン決定!やったー絶対行く☆
て、抽選なんだよね・・・当たりますように。

セットリストは先日オフィシャルHPにUPされたので、興味のある方はそちらをどうぞ。写真も載ってます。
て、前日はTrashやったのかーーーしかも宮川さんと。ずるーい!でもLoverも凄く良かったからいいもーん。



今回思いがけずバンド形式でのライブが実現したのはファンの要望ゆえ、らしい。
アーティストと所属レーベル・レコード会社との関係って私にはよく分からないけど、やはり目に見える形で外からプレッシャーがあると上の人も動いてくれるものなのかな。企業だしね。
しかしその柔軟性というか、ファンの希望が通る余地があるのが意外だったし、思っていたより風通しいいのかもしれない。
「是非アンケートで要望や意見を書いてもらって、広い意味で皆でライブを作っていきたい」っていう森君の言葉が本当に嬉しかった。
というのも、私もまさしく前回「バンド形式でもライブやってほしい」旨アンケートに書いていたので。もちろん他にも同じ声がいっぱい寄せられていたんだろうと思うけど、自分が書いたことを反映してもらえるのはとても嬉しいし、ファンを大事にしてくれてるんだなーと森君の好感度もUP。
ていうか本人もきっとバンド形式でのライブやりたかったんだろうな。
後半は特に森君終始嬉しそうだったし、紺野さんも楽しそうだったな~。
最後2人で抱き合ってたのが印象的☆
[PR]
by akiscream | 2006-04-02 02:55 | ライブ(邦)
<< クリブス祭続行中 久々にカラオケ >>