PRML@東京 3日目

泣いても笑ってもツアー最終日。
開場前に着くと、追加公演だからか前日に比べスタンバってる人数が少ない。
前日より若干センター寄り(マニとバーリーの間らへん)の最前をゲット。Yさん、ニシモトさんと並んで開演を待っていると、ステージ袖にスタッフと談笑するイネスを発見。今日は途中で帰らないでね、と心の中で祈る。開演近くなるにつれて口数が減っていく私たち・・・(笑)

で、この日のライブ、あんまり細かいとこまで覚えてないんですが、とにかく楽しかった!!
前日よりセンター寄りだったせいか後ろからのプレッシャーもどんどん激しくなってきたけど、逆にこれくらい押されないとプライマルのライブに来た気がしないというもの。そのためあまり跳んだりできなかったものの、メンバー全員よく見えました~やっぱり最前は最高!
セットリスト、本編はやはり3日間同じだった(笑)さすがプライマルだよ。で、アンコールは私の記憶が正しければ・・・

en.1:DamagedRiseAccelerator
en.2:CitySkull X
en.3:Gimme some truth

だったと思います。前日未遂に終わったNeat neat neatを期待してたのですが・・・結局東京じゃ演りませんでしたねぇ。今回仙台だけだったのかな?

メンバーも最終日だからかリラックスしてた印象。マニなんかコーラスのお姉さん2人の肩に手を回して「両手に花」状態で登場。
マニとバーリーがペアルックのように揃って赤シャツ着てたのもおかしかった。
マニはまーた自らを「スケベオヤジ」と言ってましたよ(笑)。バーリーに蹴りを入れるポーズをしたり、しょっちゅう袖に消えて、その姿をボビーが目で追う場面も。
なぜか途中"F**K!"を連発したり、白目むきそうになりながら弾いてたり、結構イッちゃってた印象。
しかしそのマニ、Burning wheelで目の前に来てくれ、目も合って(と私の周囲も皆思っただろうけど)嬉しかった~☆
イネスも何度かこっち側へ来てくれ、あの斜視気味のぎこちない笑みを浮かべて弾きまくる。体型は丸くなってしまったけど、熱いぜイネス!
コーラスのお姉さんも途中ハッパかけて更に客を盛り上げる。

バーリーは前日以上に見なかったけど、何の曲だっけ、ギターを機関銃のようにして撃ちまくってたのがキマってた!あの小柄さも含めて、なんか若い頃のジョニー・マーがダブるなぁ。Kowalski終わった後だったか、ボビーが握手求めてた。
あと99th~だったかな、バーリー1曲だけ白いギター弾くんだけど、これがまた爆音でカッコよかった。観てた位置のせいか、たまにギターの音が大き過ぎてボビーのボーカルが聞こえないこともあったけど。

会場が一番盛り上がったのは、この日もCountry GirlRocksのところ。ボビーもCountry Girlの時だったか、途中嬉しそうな笑みを浮かべたり、アンコール終わって袖へ歩いていく時珍しくガッツポーズ決めたりとご満悦だった様子。

私はやっぱり最終日もSwastika eyesでアガり過ぎた。この曲と、Shoot Speed~Kill All HippiesKowalskiRiseAcceleratorSkull XCity(多いな)はこれから先もずっとセットリストから消えてほしくないなぁと心の底から思った。

そして新作収録曲はライブで聴くたび好きになっていった。特に99th~はこの日も抜群にカッコよかった!あの"Jump!"×4のとこが燃えるんだよな~。Dollsもすごくライブ映えする曲で、新作からの曲の中では99th~に並ぶ完成度の高さ。

3回もアンコールに出てきてくれ、ライブ終了。マニは最後泣き真似して「帰らなきゃ」とアピール。帰らないで~(泣)
ステージ上でやけに目立ってたベースのアンプ上に貼ってある"Coke,please!"(笑)も剥がされてしまった・・・あーあ。

今回のツアー。今までのライブにあった、自分の中の凶暴な部分が目を覚ます感じというか、体中の血が沸騰する感じというか、そういうのは正直なかった。
今までとは違う部分に最初戸惑って物足りなく感じたりもしたけど、2日目、3日目と日を追うごとにその変化を前向きに受け止められるようになったというか、「今」のプライマルのライブの楽しみ方を覚えていった気がする。
なんか今まではもっと必死!だったんですよね、ライブ中。周りの客も熱くて、もっと押されてたから「痛さとの戦い」みたいな面もあったし。
その点、今のプライマルのライブって、もうちょっと余裕を持って踊って楽しめる感じ。選曲も全体的に横ノリの曲が増えたし。
新作で音が変化したのに伴って、客層、もしくは客の楽しみ方も変わったってことなのかな。
何より今のボビーには生気があるのがなんとも嬉しいし、心強い。

とにかく3日間いいライブを見せてくれたプライマルに感謝!!いろんなバンド好きになるけど、彼らのライブを観るたび、ぐぃっと首根っこ摑まれて引き戻されるんだよなぁ。もう一生ついていきます。
そして1人で行っていた前回のツアーと違って、今回は毎日いろんな方とライブ後ご一緒できたことも、ライブ中と同じくらい楽しかった。
会場でお会いできた皆さん、ありがとうございました!!
特に3日間共に参戦したYさん、自分と同じくらいプライマルを好きで語れる相手がいること、今更ながらとても嬉しく思うよ。

ちなみにこの日はずっとビデオに撮ってる人がいたのでどこの局か聞いたところ、space shower TVだそうです。放送を楽しみに待ちましょう♪



この日の夜中、なんとメンバーが打ち上げする店でスペシャルライブが観れてしまいました・・・あわわわ。
確定ではなかったのである意味賭けだったんですが、おまけに翌日職場の旅行だから寝ないとヤバかったんですが、えぇ、このバンドのためなら無理をしてしまいます。行って良かった都内某バー。
0時回った頃到着すると、思い思いに楽しんでいるプライマルズのメンバーがそこに!
いきなりイネスが通りかかったのでちょっと話し、握手してもらう。で、「とてもシラフじゃおれん」と酒を買う列に並んだところ、すぐ横にドラマーのダリンが。話しかけたらとても気さくな人で、拙い英語ながらちょっと話せました。ダフィーは友達と一緒だったので握手のみ。
やっと酒を買えた頃、まだ人の少ない前方へ移動したら、少ししてボビー達がやって来て機材のチェック。ひぃぃぃ目の前だよぉぉぉ!なんと最前で観れてしまいました。
楽器は店にあったものっぽい。ダフィーがピアノ、ダリンがドラム、イネスはピンクのギター(笑)、ボビーがマイクの前に立ち、いきなり誰かのカバー曲でスタート!ちなみにマニはベースの状態が気に食わなかったのか、序盤は参加せず。

e0042733_3303780.jpgこの1曲目がめちゃくちゃカッコ良くて。ベルベッツっぽいなぁと思ったんですが、誰の曲なのか連れも全員分からず。間奏でボビーが背を向けて座り込んで首振ってる様がやばいくらい素敵でした。
確か2曲目がStoogesの"No fun"カバーで、その後DollsRocksだったかな。あと1曲くらいやったかもしれないけど、覚えてない。
マニは結局途中から参加。反対側の狭いとこでイネスと窮屈そうに弾いてましたが、私はというと、目の前のボビーに目が釘付け・・・だって文字通り目と鼻の先で歌ってるんですもん!手を伸ばせば普通に触れる距離ですよ・・・(いや、畏れ多くて勿論触ってないですが)。
バーの片隅でやってるので、ステージと客席の垣根が無いんです。つくづく信じられないシチュエーションでした。

最後マニがJoy DivisionのTransmissionのイントロ弾いてて「おぉっ!」と思ったけど、ボビーが"Good night!"と言い放って終了。
もう、とにかくあんな近くで見れたのが信じられなくて。生音プライマルもめっちゃくちゃカッコ良かったです!!マニはちょっとぐだぐだだったけど、他のメンバーはつい3時間程前までライブやってたとは思えない全力投球っぷり。特にボビーは熱唱でした。最後の最後にこんないいもん見せてくれて、ありがとうプライマル!!(号泣)

ライブが終わってもメンバーは普通に楽しんでいて、特にボビーはしょっちゅうDJブースに来るので期待していたら、やっぱり始まったボビーDJタイム!マニやイネスのDJなら今まで何度か見たことあったけど、ボビーは初。終始ご機嫌で、あんなにニコニコと楽しそうなボビー初めて見た。結構長いことノリノリで回してました。

私はというと、ライブ観れたので満足してしまって、その後はメンバーに話しかけたりすることもなく、酒飲んだり踊ったりしてました。すぐ近くでボビーが踊ってたり、酒買いに行ったら隣にマニがいたりしたんですが、不思議と話しかけようと思わなかったんですよね。
プライヴェートで友達と楽しんでるので邪魔したくなかったってのも勿論あるんですが、なんかその場にいられるだけでお腹一杯胸一杯で。嬉しかったんですよねぇ。
はぁ・・・夢のような時間でした。狭い店なので、ボビーとすれ違ったりぶつかったりするだけでドキドキ。間近で見るボビーは思っていたより長身ではなく、前面に手書き風ドクロの絵がプリントされてる白のノースリーヴTが似合ってました。
DJも楽しくて、New OrderのTrue faithは特に盛り上がったなぁ。

あ、マ二がローゼズ(グラスト主催者が来年出したがってるみたいですが、実現するのかなぁ)の曲にブーイングしてました(笑)
コーラスのお姉さん2人や、いかにもカタギじゃない感じのローディー達も勢ぞろいしてたけど、バーリーだけ来てなかったな。・・・うん、バーリーはいなくて正解だったかも(笑)なんつーかロケンローな世界でしたので。
とにもかくにもいろんな意味で有り得ない夜でした。
タイムリミットで6時過ぎに泣く泣く店を出たんですが、メンバーは一体何時までいたんだろ。

その日の夜、結局一睡もしないまま朝から参加した旅行の一環で、東京湾上空をヘリで遊覧(思ったより怖くなくてホッ)。
空からZEPPが見えて(横の観覧車で分かった)、「あぁ、プライマル・・・」とヘリの中で彼らに思いを馳せる自分(笑)プライマル病は当分治らなそうです。。
[PR]
by akiscream | 2006-09-27 02:28 | ライブ(洋)
<< 超今更フジ日記'06 ① 最終日は朝までコース >>