カテゴリ:ライブ(邦)( 24 )

世界のこぎりフェスティバル in東京

代官山の「晴れたら空に豆まいて」という不思議な名前のライブハウスにて。
「ルリカケス」という奄美のラムが美味でした。

イベント名の通り、のこぎり(ミュージカル・ソウ)を演奏する人達ばかり出演。

<出演順>
ヒネモス→キセル→都家歌六→Morgan Cowin→サキタハヂメ


<キセルのセットリスト>
お墓でランチ→系図→君の犬→ハナレバナレ(w/サキタハヂメ)


この日は「死」に関する曲が多かった。
大好きな系図(高田渡さんのカバー)に、またしても涙。
お墓でランチも久々に聴けて嬉しかったな。
そしてのこぎりの入るハナレバナレ(=1stアルバムバージョン)、初めて生で聴けたかも。サキタさんののこぎりは素人が聴いても流石な腕前!

そんなサキタさんから「何が凄いって、高田渡さんから”覇気がない”と怒られた」点を絶賛されたキセルは、いつにも増して覇気がなかった(笑)。
特にお兄さん、二日酔いだし(前日ハナレグミライブの打ち上げだったと思われる)。
MCでは、「(一緒に住んでる時)隣の部屋で弟がのこぎりの練習をしてて嫌だった」「のこぎり弾いてる時の弟の顔が気持ち悪い」などと(笑)
弟さんもほろ酔い気味だったかな。

出演者の多いイベントだから仕方ないけど、欲をいえばもっといっぱい聴きたかったー。

キセル以外も曲者揃い
[PR]
by akiscream | 2007-10-21 14:04 | ライブ(邦)

京都までキセル

e0042733_3571398.jpgと言っても無賃乗車のことではないです(Tさん、ネタ借りました)。
先日の3連休、またキセルライブ込みの京都旅行へ出かけました。

土曜の昼頃京都着。まずはホテル近くの竹邑庵太郎敦盛で昼食を。
ネギたっぷりの甘いツユで、ぺろっと平らげてしまいました。
睡眠不足だったのでホテルの部屋で仮眠をし、いざ二度目の磔磔へ!

中に入ってぐるっと見回すと、前回は気付かなかったWilco Johnsonの名前も。
開演時間の19時になる前に渚にてが登場。
昨年キセルの対バンで観て惚れた、大阪の男女2人組(+サポートのベーシスト)。京都公演のゲストに決まった時とても嬉しかった。
花とおなじからのスタートで心躍る。柴山さんのギターソロ、痺れる~!
わりとゆったりめテンポの曲が続き、後半やった走る感じはアレンジ変わってて新鮮でした(でも、一番好きな曲なので個人的にはオリジナルで聴きたかったりして)。
50分くらいやっていたかな、短いセットチェンジを挟んでキセル登場。

<セットリスト>
近未来 島根 雪の降る頃 夢のいくら エノラゲイ 春 庭の木 柔らかな丘 ギンヤンマ 手紙(仮) <アンコール>ベガ

久々に見る辻村兄弟。
お兄さんはなんだか終始リラックスした表情で、楽しそうだったなぁ。なんか、晴れ晴れしてた印象。
弟君はツアー中に足を骨折したと聞いていたのでてっきり車椅子で登場するかと思いきや、片足靴下だったけど、松葉杖もつかず演りきってた。えらいぞ!
そんな弟君が目の前だったので、ここぞとばかりにベースの左手を観察。「よーし、これでコピーしやすくなった!」と思いきや、全編通して観てたのでどの曲でどの辺り弾いてたのか結局分からなくなった・・・(あほ★)。しかしエノラゲイのベースが難易度高いのはよーく分かった。

最初の近未来から大好きな曲なので、もう自分で自分の顔がほころんでるのが分かる。
そしてまさか島根が聴けるとは~!とっても嬉しいサプライズでした。生で聴けたの多分初。エマーソン北村さんの弾く旋律が、より切なさを増してて良かった。
MCではやはり友晴さんの骨折ネタを。なぜかお父さんにも謝っていたのが笑えた。
途中お兄さんが弟君に「帰れ」って言い放ってたのもウケたな。

観ていた位置の関係か、後半ベースの音ばかり目立ってボーカルが聞こえ辛かったのがちょっと残念だったかな。新曲の手紙(仮タイトル)も歌詞があまり分からなかったけど、出だしから惹かれるメロディだった。夏目標のアルバムが楽しみ♪
アンコールがこれまた大好きなベガで、友達と2人ホクホクしながら帰路につきました。
キセルの音楽はやっぱり京都で聴くとよりしっくりくる気がする。

残り2日は観光(というか食べ歩き?)
[PR]
by akiscream | 2007-02-20 11:23 | ライブ(邦)

11/10 Polaris @AX

e0042733_0584018.jpg6月にLowry's Farmのイベントで観て以来のポライブ。
前回適度にお酒を飲んでから観たらとてもとても気持ち良かったので、今回も開演ギリギリ到着ながらビールを買って入場。人がいっぱいで後方にいる友達を探せず、結構前の方で観ることに。

<スペシャルゲスト有り>というのはダーツ関口さんのことだった。よく知らないのですがフィッシュマンズ繋がりみたいです。
今回、オオヤさん以外のステージ上の配置がだいぶ変わっていて、向かって右から宮田さん、オオヤさん、その背後に譲さん、ダーツさん、あらきさん。


まずは新作からかな、というこちらの予想を裏切り、いきなり激しいイントロでスタート。聞き覚えのあるリズム・・・坂田さんが脱退してから封印?されていた瞬間
この曲めっちゃ好きで、しばらくライブで観れてなかったのでとても嬉しかった!!
腰の調子が悪いというのに、体が揺れる揺れる。しょっぱなからトランス状態に(笑)。
そして・・・2曲目がポラリスの全曲中一番好きなねじまわし!!失禁するかと思った。
1st収録曲なんですが自分がライブ行き始めてからは全然やっていなかったので、多分生で聴けたの初。嬉しすぎてサビ部分一緒に歌ってしまった。もう、最初の2曲だけで胸が一杯に。

至福の2曲が終わったところで長い中断。ダーツさんのアンプが壊れてしまったようで、しばらくはオオヤさんと譲さんによるユルい質問コーナー(笑)があったり。なかなかレアでした。で、私はこの隙にトイレ&2杯目のアルコールを買いにダッシュ。
戻って来たらメンバーが再登場したところだった。最初から仕切り直したかったみたいで、なんともう一度初めからライブを!太っ腹!お陰で大好きな2曲を2回聴けました。わーい☆前の方がスペースにゆとりがあって、気付いたら前から5人目くらいで観てた。

セットリスト&More
[PR]
by akiscream | 2006-11-13 01:09 | ライブ(邦)

8/30 「連鎖のはじまり」 @初台Doors

キセル目当てで久々のライブ。平日だし行かないつもりだったのですが、訳あってこのところ週末のライブを諦め続けているので、発作的に半休申請してしまった。

開演時間を30分程過ぎて会場入り。初台ドアーズは音がいいしドリンクが全て300円!まだ2回目だけど好きなハコ。

始まっていたULOPをお酒飲みながら途中から観る。ボーカル&ギターの人の顔、どこかで見たと思ったら、3月にここで観たウルグアイ・ロリコンズにいた人だった。ドラムソロがあったり詞の朗読があったり。アートなシューゲイザーという感じでカッコ良かった。

続いて七尾旅人さん。前回1年以上前に野音で観た時は打ち込みを多用してダンサブルな曲が多かった印象なのですが、今回は弾き語り形式で。
CDは聴いたことないから音源は分からないけど、この人のライブは本当に開けっぴろげというか、生々しいというか。ディープなんです。濃いんです。危ういというか、ちょっと狂気のようなものを感じてしまってドキドキしてしまう。でも目が離せない。そして前回は分からなかった声の良さ・歌の上手さ、アーティストとしての圧倒的な表現力(大衆向けではないと思いますが、圧倒的です)にも弾き語りというシンプルな形で改めて気付かされました。
1曲終わるごとに人相が変わって見えるくらい、曲に入り込んで内面を曝しているような凄みを感じた。後半やつれて見えたのは気のせい?
いきなり曲を始める前に客と連想ゲームをやったり。MCにもドキドキしっぱなし。

トリがキセルでした
[PR]
by akiscream | 2006-09-01 02:46 | ライブ(邦)

今更6月ライブレポ②

またまた1ヶ月以上前のライブ記録。
6/7(水)佐野史郎さんが率いるバンド:sanch企画のイベント、「メロディーハウス」にキセルが出るので吉祥寺のstarpine's cafeへ。

平日なので半休を取ったのに、仕事が終わらず開演から30分程遅刻。着いたらsanch一十三十一(ヒトミトイ)がゲストで参加したところ。細野晴臣さんのカバーと佐野さんが昔やってたバンドの曲を。
ちなみにイベント名の「メロディーハウス」というのは、昔竹下通りにあったレコ屋の名前で、佐野さんが通っていたらしい。
生佐野史郎、初めて観たけどかっこ良かったです。ジャケの下にボーダーT着ててお洒落。どうしても冬彦さんのイメージがあったのですがステージ上の佐野さんはロックな方で、素敵な年齢の重ね方をしている印象。

短いセットチェンジを挟んで一十三十一
こちらも初めて観たのですが、わざとすべて半音下げてるような歌い方がなんともクセになる。バックバンドのベース、パーカス、キーボードに加えて途中サックスの方もゲスト参加。思ったよりジャジー&ムーディーなステージでお酒が進みました。気持ちよかった。

次は我らがキセル
<セットリスト>
ベガ→ねの字→チャーリー→トカゲ走る→ハナレバナレ→サマタイム→ギンヤンマ
(チャーリーからエマーソン北村さん、サマタイムからSANCHのドラマー:GLACEさんが参加)

「メロディーハウス行きたかったです」と出てくるなりお兄さん、明らかに飲んでました(笑)。自分らのこと「もっちゃい」言ってたし。MCもいつもより滑らかだったような。
席がかなり端しか空いておらず、クアトロばりに邪魔な柱もあったので正直音はそんなに良くなかったのですが、ワイン片手にゆらゆら気持ち良かった(余談ですがその前に飲んだソルティードックが美味しくて感動。フードも◎でした)。ライブ後、隣で観ていたキセル初体験女性も「別世界に連れていかれたー」と嬉しい感想を。
初っ端からベガで舞い上がってしまった。そしてこの日はねの字が特に良かった!お兄さんのギターリフが珍しく攻撃的な感じで。
チャーリーが久々に聴けたのも嬉しかったなぁ。弟君の「ポン、ポン、ポン」がかわいい。
サマタイムはヨーコさん以外のドラムで初めて聴きましたが、やっぱりガラッと雰囲気が変わる。個人的にはちょっとドラムの主張が強かったような気が。エマーソンさんのキーボードはいつもより奔放でなんだか楽しげな感じ。
途中でお兄さんが「楽しんでます?」と客席に。「暗い曲ばかりですいません。根が暗いんで」と言ってましたが、暗い曲大好きです。

佐野史郎さんとニールさん
[PR]
by akiscream | 2006-07-16 02:41 | ライブ(邦)

5/27~28 新月祭@妙本寺

前回書いたように、土日は鎌倉・妙本寺で行われた新月祭というお祭りへ行って来ました。
e0042733_141958.jpg

↑は土曜日、トリのUAが終わってから撮った、祖師堂前の写真。
この日は一日雨ばかり。さすがUA、やっぱり雨女。

セットリストはたぶんこんな感じ。
島歌→踊る鳥と金の雨→大きな木に甘えて→ファティマとセミラ→The color of empty sky→ミルクティー→Michi (途中まで)→ロマンス→Lightning→島歌

この日のUAはちょっと調子悪そうだった。声裏返ったり、高音部が出てなかったり。ボーカルの合間に咳込んだりしてたしMCの声もしゃがれてたから風邪気味だったのかも。機材の調子も良くなかったのか、バックの3人(スティールパン:大野さん、木琴他:高良さん、ベース:鈴木さん)とも時々噛み合ってなかったような。
こちらも肌寒さと空腹ゆえ、あまり集中して観れなかった。

でも木々から聞こえてくる鳥の声や近くにいるちびっこの声なんかが自然のサンプリングになっててステキだった。雨の降りすさぶ夜の寺というロケーションが合っていたなぁ。
個人的には大きな木に甘えてが久々に聴けて嬉しかったのと、ミルクティーロマンスが良かった。

明けて日曜日(キセル他)
[PR]
by akiscream | 2006-05-31 02:30 | ライブ(邦)

あらしのよるに

今週は仕事が忙しくて、家に着くのが1時過ぎの日々・・・さすがに疲れ気味です。
そんな中、水曜だけは半休を取って、o-nestへキセルを観に行って来ました。

昼間は半袖でも暑い位だったのに、一転夕方から雷&雨という変な天気の日。
お兄さんが「こんな嵐の日に・・・ライブできて嬉しいです」とMCで言っていました。

この日はフラバルスというアーティストのライブで、ゲストがキセル。
平日ということもあって正直行くのを迷っていたライブでしたが、行って正解!思ったよりいっぱいやってくれたし、なにより選曲が濃かった。

セットリスト&more
[PR]
by akiscream | 2006-05-27 12:47 | ライブ(邦)

5/21 bouNIT@UNIT

※今月から異動になったこともあり、このところ残業続きで更新が遅れ気味です。スイマセン★

日曜日、代官山UNITとタワレコのフリーペーパー:bounceの共同主催イベント、bouNITへ。今回が第3回目の開催らしいですが、初めて行きました。
15時スタートなのに、家のことやってたら着いたのが17時。
タイムテーブルを探しながらウロウロ。会場が通常のライブハウス:B2FのUNITとB1Fのカフェ:uniceの2箇所あるらしい。
まずuniceを覗くと、高田漣さんもメンバーのHands of Creationが演奏中。ユルくて楽しげだったけど、人いっぱいで入りづらいのでunitへ。曽我部恵一バンドがリハ中。
近くにいた男の子と話しながら待っているとステージ上でメンバーが円陣を組み始める。
声を出して気合いを入れ、ライブが始まった。

続きを読む(長めです)
[PR]
by akiscream | 2006-05-25 02:15 | ライブ(邦)

4/30(日)キセル@北沢タウンホール

今日は昼間30度超えたらしいですね。
23時過ぎに駅からてくてく帰って来たら、なんと蝉が鳴いておりました・・・まだ5月に入ったばかりだというのに。さすがsick cityトーキョー。
いきなりの真夏日に体がついていかなかったのか、今日はなんだか一日頭痛が治まらず。

GW中もカレンダー通りの出勤なのでこの土日は自分にとって普通の週末だったんですが、昨夜は「下北沢ゴールデンカーニバル」という企画の一環でキセルの出るイベントへ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
開演ギリギリセーフで会場入り。
先に来ていた友達が取っていてくれた席に座る間もなくダッシュでトイレへ。
戻って来たらハナレバナレのイントロが始まっていた(泣)。
あぁ、またしても尿意に負けた・・・。

セットリスト&more
[PR]
by akiscream | 2006-05-02 01:45 | ライブ(邦)

キセルワンマン@磔磔

4/22~24と2泊3日で京都旅行をしてきました。
中日の日曜夜、行ってみたいと思っていた磔磔というライブハウスへ。
先週に続いてキセルワンマン@京都です。ちなみに関東以外でライブ観るの初です。
キセルを彼らの地元・京都で観る、というのも密かに「いつか実現させるぞリスト」に入れていたので念願叶いました☆

古い造りの家が多い住宅街の中を若干迷った末、会場到着。
磔磔は蔵を改造したような造りで思ったより小さく、壁一面にこちらでパフォーマンスしたミュージシャンの名前がカラフルなポスターよろしく書いてあり、キョロキョロと見渡してしまった。
海外のビッグネーム(ドクタージョンとかジョンリーフッカーとか)が多くてびっくり。ここで演ったんだ~。ドクタージョンの似顔絵、似てなくはないけど正直ちょっと怖かった(笑)。
思っていた通り、味があって素敵なハコでした。また来たい。
なんだか京都にいる気がしないながらも、普通のライブハウスとは異なる雰囲気なので非日常感だけはしっかりあったなぁ。

で、この日は意外なことに前半分位までイス有だったのです(後でお兄さんが「映像の関係で」と言ってた)。前から4列目くらいだったか、ギリギリ座れて良かった。前の人との間隔がめちゃくちゃ狭かったけど、女性が多いのもあってステージちゃんと見えました。

お酒飲みながらライブ観ることって普段あんまりしないんですが(フェスは除く)、先週UNITで観た後「ほろ酔いで聴きたいなぁ」と思ったのもあってドリンクはアルコールをチョイス。
ちょうど本人達が出て来た頃飲み終わり、いい感じに酔いが回ってきた。

つづき
[PR]
by akiscream | 2006-04-25 03:10 | ライブ(邦)